ごあいさつ

サイロロジスティクスを通して日本の「食」を支えます。

 トウモロコシ、マイロなどの飼料原料や食用油などの基となる油糧原料、さらには味噌や豆腐などの食品原料となる大豆類からアルコールの原料となるトウモロコシまで、我々の生活に1日たりとも欠かすことのできない多種多様な穀物類。
 アメリカをはじめカナダ、EU諸国、アルゼンチン、ブラジル、オーストラリア、中国、インドなど世界各地から海を経て輸入される穀物などの原料を、安全、確実な管理体制のもとサイロなどの最新設備に保管し、さらに飼料メーカーや食品メーカーの工場まで送り届ける。これが、私たち全農サイロの大きな役割です。
 また、飼料原料や油糧原料の輸入への依存度が高まるなか、入出庫、保管、品質管理から配送システムまで一元化したサイロビジネスを築くことによって、穀物物流の合理化、穀物コストの低減化にも寄与してまいりました。
 さらには、本・支店すべての拠点において品質基準の国際認証規格であるISO9001を取得するなど、お客様のニーズに応えられるよう継続して品質管理面の強化に力を注いでいます。
 私たちは、こうしたサイロを中心に据えた論理的な物流ネットワーク展開をサイロロジスティクス(Silo Logistics)と呼んでいます。長年の経験と実績によって築いたこのサイロロジスティクスを通して、私たち全農サイロは、日本の「食」を支え、お客様満足(CS)の向上に努めてまいります。
 そして、コンプライアンス遵守や事故ゼロの追及はもちろんのこと、貨物の獲得ならびに施設老朽化対策の実施を中期3ヵ年事業方針(ISO9001品質方針)に掲げて全社一丸となって取り組むことにより、お客様の負託に応えてまいります。